筋トレには和菓子が最高!?筋トレに和菓子がおすすめすぎる理由について

Fitness

筋トレ前に和菓子を食べてる人をよく見かけるけど、何か効果があるのかな…
太りそう…

どうも、かなたです。

筋トレ前後に和菓子を食べている方を見かけた事はありませんか?また、聞いた事がある方もいると思います。

筋トレのエネルギー補給に和菓子を食べていて、僕もよく食べています。

では何故和菓子なのか。筋トレのエネルギー補給に和菓子がおすすめな理由をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク




筋トレにはエネルギーが必要

筋トレをするにはエネルギーが必要で、このエネルギーとは炭水化物(糖質)の事を意味しています。エネルギー(炭水化物)はどんな効果をもたらすのか、2つに分けてご説明します。

①筋肉の分解抑制

炭水化物が枯渇している状態で筋トレをすると、代わりにたんぱく質を分解してエネルギーを生み出します。つまり筋肉が分解されてしまいます

筋トレをする目的は「筋肥大させたい」「筋肉を維持したい」などが目的になってくると思いますが、エネルギーが枯渇している状態で筋トレを行うと、逆に減少させてしまうので逆効果になってしまいます。

②筋トレの強度を最大限に上げる

筋トレに必要な”エネルギー”とは、摂取した炭水化物が筋肉や肝臓に運ばれて“グリコーゲン”として蓄えられ、”エネルギー”を生み出します。

このグリコーゲンとは糖の一種で筋グリコーゲンと呼ばれ、この筋グリコーゲンによって筋トレの強度が高まったり、集中力を維持できたりします。

筋トレに和菓子がおすすめな理由

筋トレに和菓子がおすすめな理由

では何故、筋トレ前のエネルギー補給に和菓子がおすすめなのか。
ここでいう”和菓子”とは、どら焼き・大福・まんじゅうなどを指していて、何でもいいわけではありません。

①吸収が早い

基本的に、ご飯やパンなどの炭水化物は吸収するのに2〜3時間ほどかかり、エネルギーに変わります。それに比べて和菓子には「糖」が多く含まれていて、炭水化物に比べて吸収が圧倒的に早いです
トレーニングの30分前に食べても、十分エネルギーとして役割を果たしてくれます。

また筋トレ前だけでなく、筋トレ後の栄養補給にもおすすめです。

②低脂質

筋トレをしてる方にとって、とても気になる「脂質」
和菓子には油がほとんど使われておらず、脂質がとても少ないです。甘い物も取れてエネルギーになる、尚且つ脂質が低いって最高ですよね!

おすすめの和菓子の栄養成分

筋トレにおすすめの和菓子の栄養成分を3つご紹介します。脂質が低いし、筋トレで消費するからといって食べすぎは禁物です
太る原因になるのでカロリーバランスを考えて食べましょう。

大福(100gあたり)

おすすめの和菓子の栄養成分

カロリー:242kcal
たんぱく質:4.5g
脂質:0.7g
炭水化物:53g

ちなみに僕は大福を食べてます。

どらやき(100gあたり)

おすすめの和菓子の栄養成分

カロリー:284kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:2.5g
炭水化物58.7g

まんじゅう(100gあたり)

おすすめの和菓子の栄養成分

カロリー:272kcal
たんぱく質:5.3g
脂質:0.7g
炭水化物:60g

筋トレに和菓子を取り入れて充実したトレーニングライフを

筋トレに和菓子を取り入れて充実したトレーニングライフを

今回は筋トレには和菓子がおすすめな理由についてお伝えしました。

2〜3時間前にご飯を食べている場合は、丁度吸収される時なので食べる必要はないと思いますが、空腹の場合はしっかりエネルギー補給しましょう。

栄養補給してなかったという人はぜひ和菓子を取り入れてみて下さいね!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました