ジムで筋トレするなら絶対持っておくべきグッズ4選!

Fitness

ジムでよく、腰にベルト巻いていたり、手首に長いの巻いてる人いるけど、何だろう?持ってた方がいいのかな?

どうも、かなたです。

ジムでよく腰にベルトを巻いてる人がいたり、手首に何かを巻いてる人がいますよね?
あれらの道具はジムに通うトレーニーとっては欠かせない筋トレグッズです。

見た事はあるけど知らなかった、そんな物がある事すら知らない、という方に向けた記事となっています。

スポンサーリンク




ジムで筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレグッズとは!?

ジムトレに欠かせない筋トレグッズは主に4つ。

✅リフティングベルト
✅リストラップ
✅リストストラップ
✅パワーグリップ

この4つの筋トレグッズを使う事で、効率的に体を鍛える事ができトレーニングによる怪我を防止してくれます。

今からこの4つの筋トレグッズの使い方・効果等を一つ一つご紹介していきます。

筋トレ初心者がまずジムでやるべきトレーニングとは!?これさえ読んでおけば絶対に変われます!
筋トレ初心者の方がジムでまずやるべきトレーニングを知りたいですか?筋トレ初心者の方でもこのトレーニングをジムで始めれば必ず体は変わります。筋トレ初心者の方がジムでやるべきトレーニングを知りたい方は必見です。

①リフティングベルト

ジムで筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレグッズとは!?

リフティングベルトを使う目的は、腹圧をかけやすくする為に使います。

腹圧とはお腹に力をいれる事ですが、腹圧をかける事で体幹を安定させ、トレーニング中のフォームを維持する事ができます

リフティングベルトはどんな時に使うかというと、主に高重量を扱う時

ジムでの筋力トレーニングでは、高重量を扱う事が多く、どうしても体が曲がったり、反ってしまったりします。

そんな時、1番負担がかかるのは

スクワットやデットリフトなど、高重量かつ、体の動作が大きい種目では特に腰を痛める人が多いです。

「もっと高重量でトレーニングしたい」
「腹圧をかけた状態を維持できない」、という方にはこの筋トレグッズは絶対に欠かせません。

特にスクワットや、デットリフトをやる方にとっては必需品ですね!

リフティングベルトの使い方

まず腰にベルトを軽く巻き(巻く位置はだいたいへその位置で)、お腹をぎゅっとへこませて、そのままベルトを少しきつめに締めます。

リフティングベルトは腹圧をかけやすくするのが目的なので、お腹をへこませる、きつく締めるというのがポイントです。

トレーニング中ずっと締めておくときついので、セット毎に一回一回外しましょう。

②リストラップ

ジムで筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレグッズとは!?
出典:amazon.co.jp

リストラップは手首の怪我を防ぐ為のサポーターです。

主に、ベンチプレスダンベルプレスといった重さで手首が返ってしまうような種目で使用します。

手首を返したまま高重量を扱うと手首に負荷がかかり、痛める原因になります。

リストラップを使う事で、手首を立てたまま固定してトレーニングする事ができるので、怪我を防ぎ、高重量も扱いやすくなります。

リストラップの使い方

手の甲から巻いていき、最後は手首に巻いてしっかり固定します。手首だけに巻いてしまうと固定できないので注意しましょう

僕もこれを使用してますが、安価で丈夫なので全然問題ないです!!

③リストストラップ

ジムで筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレグッズとは!?
出典:amazon.co.jp

リストストラップは“引く”種目に欠かせない筋トレグッズです。主に懸垂や、デットリフトといった背中のトレーニングに使用します。

背中のトレーニングはどうしても握力に限界がきて、腕が先に疲れて背中に効かせる事ができないという事があるので、背中を鍛えるなら絶対に持っておいた方が良い筋トレグッズです。

同じ用途の物でパワーグリップ(後でご紹介します)がありますが、リストストラップは、パワーグリップと比べて
値段が安い
耐久性が高い
使いにくい
の3つの違いがあります。

リストストラップの使い方

輪っかに帯を通して、できた輪に手を通します。そして余った帯をダンベルやバーベルにぐるぐる巻いてからトレーニングをします。この巻いた帯が握力を補助してくれるので、力強く握る必要がなくなり、腕の疲れを軽減させて背中を重点的に鍛える事ができるようになります。

ただし、何回も巻いて使用するので取り外しに時間がかかります。懸垂やラットプルダウンをする時は使いづらいのが難点です。

リストストラップがおすすめの種目

・デットリフト
・ハーフデットリフト
・バーベルローイング

をする時におすすめです!

僕も実際に使ってるリストストラップはこちら。

これを使い出してから、背中のトレーニングの効果が抜群に上がりました!

丈夫で使いやすく、悪いとこなしです。
さすがGOLD’SGYM!

④パワーグリップ

ジムで筋トレするなら絶対に持っておくべき筋トレグッズとは!?
出典:amazon.co.jp

パワーグリップは先程ご紹介したリストストラップと同じ役割を担います。

リストストラップとの違いは、
使いやすい
値段が高い
耐久性が低い
です。

腕に取り付けて、ベロでバーベルなどを包み込んで握るだけなので、取り外しが早く、とても楽です

懸垂や、ラットプルダウンをする時はリストストラップだと外しにくく、きついのに中々降りられないといった現象が起きてしまう時もあります。
ですが、パワーグリップだとすぐに外せるのでめちゃくちゃ便利です。

高重量をあまり持たない女性や、初心者の方におすすめです。

パワーグリップの使い方

ベロがついている部分を手の平側にして、手首に装着します。あとは、ベロをバーベルやダンベルを包み込んで握るだけ。とても簡単です。

ですが、リストストラップに比べて値段が高く高重量を扱うと壊れやすいです。(あくまでリストストラップと比べてなので、そんな簡単に壊れません)

またサイズですが、GOLD’SGYMのパワーグリップはSサイズでも手首の大きさが16cmなのでサイズに気をつけて購入しましょう。

パワーグリップがおすすめの種目

・チンニング(懸垂)
・ラットプルダウン
・シーテッドロウ

をする時におすすめです!

GOLD’SGYMの物はやはり高いです。
ですが、質もやはり良いので楽に使いたいという方はパワーグリップがおすすめです。

安価な物もたくさん売ってますが、その分不満な点も多いみたいです。不安な方は最初からGOLD’SGYMのパワーグリップを買っておいた方が無難かもしれませんね!

筋トレグッズは初心者の方でも買った方が良い!!

筋トレグッズは初心者の方でも買った方が良い!!

「筋トレグッズは慣れてきてから」
「自分にはまだ早い」

と思ってる方もいると思いますが、筋トレグッズは効率的に体を鍛える事ができ、怪我を防止してくれるので、初心者等関係なく早めに買う事をおすすめします

僕も最初は自分にはまだ早い、と思って買っていませんでしたが、いざ使ってみるともっと早く買っておけばよかったと後悔しました。

リフティングベルトに関しては、最初は必要ないと思います。腹圧のかけ方が上手くなり、重量が上がってきてからの購入で全然良いと思います。

[初心者必見]筋トレ初心者が知っておくべき5つの事
筋トレを始めたばかりの筋トレ初心者の方が知っておくべき5つの事について記事にしています。筋トレ初心者の方が中々効果が出ない、筋肥大しないという悩みは間違った知識が原因です。本記事では筋トレ初心者のそんな悩みを解決する内容となっています。

ジムに行くなら今すぐ筋トレグッズを買おう!

ジムに行くなら今すぐ筋トレグッズを買おう!

今回は、ジムに行くなら持っておくべき4つの筋トレグッズについてご紹介しました。

効率よく鍛える事ができ、尚且つ怪我を防止してくれる筋トレグッズ。

ジムトレには欠かせない必需品なので、持ってない人は今すぐ買ってジムトレに励みましょう!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました